青汁と野菜ジュースを比べて

青汁に含まれる栄養素青汁は、野菜不足を補ってくれる栄養素などが豊富な物として非常に有用になっているのですが、野菜不足を補うドリンクとしてもう一つ有名な物といえば野菜ジュースですね。
さて、この青汁と野菜ジュース、パッと見た感じは同じコンセプトの物ではあるのですがこの二つはどう違うのかということについてを紹介していきましょう。

青汁のメリットについて

青汁と野菜ジュースを比較して、まずメリットを挙げるのであればとにかく栄養素が豊富なことです。
ビタミンやミネラル、食物繊維というような野菜を日常的な食生活の中でとらなくては取れないような栄養素が豊富に入っているというところがあげられますね。
バランス良く摂取できるうえに、手軽に飲むことができるし、栄養価の高い野菜をそのまま利用しているので、非常に栄養素の吸収も効率がいいんです。
さらに、青汁には抗酸化成分がたくさん含まれているので体の美容はもちろん、アンチエイジングなどにも効果がきったいすることができます。
また、青汁は野菜の成分をそのまま絞って使っているのでカロリーや糖質が少ないという点でダイエットにも効果があります。
形状も、さまざまな物があり生活スタイルと合わせたり自分の好みに合わせて形を変えることができるところも魅力ですね。

青汁のデメリット

青汁のメリットデメリットしかし、野菜ジュースと比較するとメリットばかりだけではなく野菜ジュースにかなわないという点もあります。
たとえば、青汁の最大の欠点である味についてですね。
青汁は、健康成分が豊富で健康効果も高いのですがその分野菜の青臭さや苦みがストレートに出てしまう上に、水分もそれほど多くはないのでとても飲みづらいんですね。
さらに、青汁は一度作ってしまうと保存が利かないので毎回飲むたびに作ってから飲まなくてはいけないという面倒な手間がかかってしまうところもあります。
そして、購入する際にはドラッグストアや通販などを利用しなければいけないので、青汁を購入する目的で買いにいいかないと手に入らない、買い物ついでとはいかないという不便さもあげられます。

まとめ

青汁は、健康的な目的で見れば野菜ジュースとは比べ物にならないほどのメリットがありますが、その点手軽さや味、といった感覚的な部分ではどうしても野菜ジュースに劣ってしまいます。
とは言え、健康効果では青汁のほうが圧倒的に勝っていますので効果を見ればその差は一目瞭然だと言っていいのではないでしょうか。